うっかりライダーまはのドタバタ放浪記
職を離れ、日本縦断した管理人の旅日記。波乱万丈な旅の行く末見てやってください。
FC2カウンター



フリーエリア



【ブログの殿堂】
人気ブログランキング【ブログの殿堂】



プロフィール

まは

Author:まは
ラーメン・カレーをこよなく愛し
社交ダンス(競技)をかじっている
変り種ライダー。

中型免許取得一ヶ月で
単独事故2回
2年目で免停を経験する位
運転がヘタクソ。

愛車
【現在】
ヤマハ YD125
【一台目】
カワサキ エリミネーター125
(北海道で廃車)



月別アーカイブ



最近のコメント



カテゴリー



リンク



最近のトラックバック



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



DQステータス



フリーエリア



FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!



フリーエリア

あなたは~様ですか?



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリミから異音
そのまま釧路を目指してひたすら38号線を走ります。
雲行きはだんだん悪くなり、札内から豊頃あたりを走る頃になって雨が振り出しました。


途中で腹が減ってきたのですぐ近くにあったラーメン屋へ入りました(燃費悪い)。

野菜ラーメンを味噌味で注文し、バターをつけてもらいました。

ちなみに、バターが無料!
牛乳消費量活性化のためだそうです。
得した気分になりました♪

途中の物産館みたいなところで道が分岐していて良くわからなかったので、トイレ休憩ついでにバターどら焼きをひとつ買いました。

買ったときに、サービスで草もちをひとつ頂きました。
更にちょっと得した気分になりました♪


レインコートを再び着て出発します。
まだまだ釧路までは遠いです。

1時間位走ると、上厚内市内へ入りました。
市内へ入ったと言っても、まだ道の両サイドは林です。

ここに来て結構雨が強くなってきた。
レインコートの防水効果がもうないに等しいので、雨がすぐに中に染みてきます。

と、ひとつ急な右カーブを切る寸前にエンジンの回転量が一瞬落ちた。

ガス欠の前兆かな?と思っていると
カーブを切ったところでいきなりエンストしました。

少しの間エンジンをかけようとスターターのボタンを押し続けるんですが、エンジンがかかりません。

雨の山中だったので、あせりました。
市街地までは20キロ以上走らなければありません。

通りがかりの誰かか、あるいは近所の方の車からガソリンを分けてもらわないといけないかなと思ったときにやっとエンジンがかかりました。

しかし、エンジンがかかるとエンジン音と同時に燃料タンクの方から
ボコボコボコッ!!!!と液体が沸騰するような音が聞こえてきました。

これはガソリンがなくなる寸前の状態だと思い、エンジンをかけて早めに人里に行かねばと思いました。

しばらく進むと、対向車線にライダーハウスの看板が出てきた。

これはチャンスかもしれないなと思い、路肩に寄せ、エンジンを切り、バイクを押してハウスの駐車場に止めて話を聞こうと人を呼びます。

しかし、なかなか人が現れません。

「すみませ~ん!」と何度か呼ぶと、トイレらしきところからおじさんが出てきて中から人を呼びにすぐに消えていきました。

それからすぐにおばさんがやってきました。
「今日営業はやすみだよ」といいながら出てきた。少々期限悪そうです。

事情を説明し、ガソリンスタンドの場所を聞くと

「自分の車の燃料は常に気にしてなきゃだめだよ~。
このあたりにはガソリンスタンドはないんだよね。一番近い所で10キロくらい先の音別町まで行かないといけないよ。」



ごもっともです。


喝を入れられ、ガソリンスタンドの場所を教わって、再び雨の中走ります。
でも、この先山あり谷あり。

上り坂ではエンジンをかけて進み、下り坂ではニュートラルギアに入れ、エンジンを切り、惰性でひたすら進みます。

しかし、場所によってですが、下り坂を惰性で進んでも次の坂まで1キロくらいは押して進まないといけません。

走行中はびしょぬれでこれでもかという位に寒いのに、今は暑くて汗が出てくる。
二つくらい小高い丘を越えた後、3人組のライダーさん達が対向を通り過ぎていきました。

ピースサインを出す間もなく、ただ上り坂でバイクを押していました。

さすがに限界と思ったところでエンジンをかけて再びバイクで坂を上ります。

すると、後ろからバイクが2台走ってきます。
さっき通り過ぎた3台のバイクのうちの2台です。

すぐに俺は路肩にバイクを寄せてとまります。

向こうの方もこっちに止めます。
お話を聞くと、通りかかってから心配になって様子を見に来てくださったのらしいです。

「すこし走った所にガソリンスタンドがあるので、惰性を使いながら走っていた」と事情を説明すると、詳しいガソリンスタンドの詳しい場所を教えてくださいました。

感謝をしつつ、ピースサインをしてお別れしました。

そのまま惰性でひたすら坂を下り、もうひとつ山を超えてしばらく下ところでガソリンスタンドがありました。

希望の光が見えた瞬間でした。
幸いガソリンが切れることなく給油できました。


寒かったので、トイレも借りてずいぶんすっきりしました。

ところが、料金を支払ってから給油のマシンを見てみると
俺のバイクはタンクは13リットル入るはずなのに、10リットルちょっとしか給油されていません。

ぎりぎりまで減っていたはずなのに。なぜだ?と気になりつつも
エンジンはかかりバイクも動くのでその場は深く考えませんでした。



次に続きます。
スポンサーサイト

テーマ:メンテナンス&ケア - ジャンル:車・バイク


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://ydmaha.blog18.fc2.com/tb.php/92-f5384bcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。