うっかりライダーまはのドタバタ放浪記
職を離れ、日本縦断した管理人の旅日記。波乱万丈な旅の行く末見てやってください。
FC2カウンター



フリーエリア



【ブログの殿堂】
人気ブログランキング【ブログの殿堂】



プロフィール

まは

Author:まは
ラーメン・カレーをこよなく愛し
社交ダンス(競技)をかじっている
変り種ライダー。

中型免許取得一ヶ月で
単独事故2回
2年目で免停を経験する位
運転がヘタクソ。

愛車
【現在】
ヤマハ YD125
【一台目】
カワサキ エリミネーター125
(北海道で廃車)



月別アーカイブ



最近のコメント



カテゴリー



リンク



最近のトラックバック



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



DQステータス



フリーエリア



FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!



フリーエリア

あなたは~様ですか?



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



RSSフィード



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初日記
こんにちは、まはです。
2007年にバイクで半年間(間一ヶ月間隔あり)日本縦断ツーリングした経験を形に残そうとブログを作る決意をし、FC2に登録しました。

長期間ツーリング初心者のワタクシが行く先々でアタフタとした経験を色んな人に見てもらいたいと思ってます。

何でブログを書こうと思ったかというと。

今回旅をして沢山の人に出会いました。
自分より凄い旅人は沢山お会いしました。
海外を旅してる人とも知り合いましたし、日本一周を何度もしてる方にもお会いして話も聞きました。

その度に自分は何てちっぽけなんだろう。
って思ったりもしました。

でも、十人十色の旅話を見聞きした時“この旅の経験は自分にしか出来ないたった一つの経験なんだ”。

とも思うようになったのです。

そこから自分もこの経験を形に残していこうという思いが強くなっていきました。


もし、このブログを見てくれた方で「こういう奴がいるなら自分もやってやるぞ!」なんて思ってもらえたら嬉しいです。

ちなみにワタクシ、面倒くさがりで(ってか、要領が悪い為)更新が遅いです!

でも、めげずに頑張って更新していくので、よろしくお願いします♪
(・∀・)>


次に続きます

ブログランキング・にほんブログ村へ←ランキング参加しています!よろしければワンクリックお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:ブログはじめました! - ジャンル:日記

旅立ちまでのあらすじ
2007年1月末。

俺はそれまで勤めていた職場を退職して転職活動をはじめた。
趣味の競技(社交)ダンスをしながらの1年半。

深夜2時に家を出て会社で夕方まで働き、周りの人達とすれ違う生活を送っているのが堪らなく嫌だった。

それを紛らわすように、学生時代から続けてきた社交ダンスを続け、アマチュアの大会に出場してきたりした。

どんなに仕事が大変でもダンスは踊っていた。
決してうまい方じゃないが、そこは仕事よりも気合が入っていたと思う。

仕事を終え、夜に都内のダンススタジオでレッスンを受け、酷いときは日付が変わる前くらいに戻って
2時間後にはまた仕事に向かう。

入社当初からやって行けなさそうな気はしていたが、あんまり短すぎるのは駄目だろうと思い、先輩方に色々迷惑をかける駄目社員でも働いていた。

今思えばそんな生活もあっという間だった。
仕事が合わないという理由を隠すしょうもない嘘(方便とも言える)までついて出た会社。

その後、転職活動を始めてすぐに過労で倒れた時、自分がやってきた事がいかに甘くて無茶苦茶だったかを思い知る。


4月中旬

稼ぎを削って続けていたダンスもパートナーと折り合いがつかなくなり喧嘩するようになる。
一旦修復するも結局カップル解消することに。

目の前には仕事探しだけが残った。


そんな俺に旅のきっかけをくれたのは10年来の友人だった。


短期間で仕事をやめた俺の立場から「何もしない時間を作らないほうがいい」と色々アドバイスをくれた。

ところが、何かをやらねばとその場は危機感を持つも、結局は就職活動以外は何かしなきゃと思うだけで時が過ぎた。

あまりに行動力のない俺を見かねた友人が「旅に出かけてみろ」と勧めた。
「海外に行ってみろ、インド辺りに一ヶ月一人で旅をしてみろ」と

しかし、地球の歩き方で情報を見ると「伝染病」など様々なフレーズに怖気づいてしまい行動に移せず終いになってしまった。


5月中旬

この頃になってようやく旅をするのもいいと認識し始める。
しかし、何をするかどういう旅にするかのビジョンすらなかった。

結局そのまま引っ張ってしまい、旅の準備をすると言いがならも漠然と就職活動をしていた。

それを見た友人は「時間もそんなにないし、本当ならばそれこそ価値観の違うところに長期間旅をする方がいい。それが駄目ならせめて一ヶ月バイクでツーリングをしてみろ」

以前からやっているソーシャルネットワーキングサイトの日記で宣言。


「6月15日に日本一周のツーリングに出ます」と宣言


旅の準備を始めるが、全くやった事のない長期間のツーリングにもまだ躊躇していた。


6月頭

そこには両親の顔色を伺っている25歳の自分がいた。

旅の宣言には「計画中」と弱気なところが抜けてなかった。

状況を説明した俺に友人は言った。


「あきれて物も言えないな。
まはは“親にも自分で何かをする人として認識されていない”。
誰に反対されようが思ったらやる。それだけだ。」


こうして喝を入れられ、ようやく日本一周の旅の準備に本腰を入れるようになる。

それから2、3日の内にツーリングマップルを各地方版全部買っておいたのをざっと見て

一ヶ月で日本一周する大雑把なルートを考えた。

計画してる当初から無理のある計画だとは思ったが、まずは動いてナンボだったので、友人に伝え、話し合う内に旅の具体性が出てきた。

そのときにとり決めたルールは




旅のテーマ

“主体性のきっかけづくり”


ルール

①極力野営をする。

②天候が悪いときは無理せずに宿に非難

③見知らぬ土地で初めて会う人と積極的に言葉を交わすこと。

④自分でどんどん行動を起こしていくこと。

⑤逆境・失敗・トラブルを乗り越え、計画的に行動すること。

⑥毎日mixiの日記でツーリングレポートを書く。



という点。

色々な人にホイホイ付いて行く割に人見知りの気もちょっとある俺にとって、③はもっとも苦手な事だった。

が、苦労して成長する事に意味があるので簡単な目標は課してはならない。
あくまでも自分のための旅だから。

まず、予行演習を行う事から始めるよう引き続きアドバイスをもらい、山梨県の四尾連湖のほとりにある水明荘というキャンプ場を指定してもらう。

その翌日、キャンプ場を予約。
両親の反対を押し切って恐る恐る準備を進めていった。



次に続く

ブログランキング・にほんブログ村へ←ランキング参加しています!よろしければワンクリックお願いします。

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

予行演習(四尾連湖キャンプツーリング)初日①
6月8日(金)



【今日のルート】

自宅→ファミリーマート→大垂水峠→道の駅・甲斐大和→くろがねや→業務スーパー

→笛吹ライン→甲斐大和駅近くの雑貨屋→藤田峠→水明荘キャンプ場




朝起きて荷造りを始めるが、出発直前まで母の反対に遭う。

心配なんだろうけれど、何だか悲しい位子ども扱いされてる気がしてくる。



【11:30頃】

ひとまず、荷物をゴムロープでくくり付けて出発準備完了。
バイクの後部座席は人一人増えたくらいの荷物。

見送りに出てきた母は「大丈夫だよ」と言う俺に「まだ納得できない」といった表情。

そんな微妙な空気の中出発。



実は今まで一人ではツーリングをした事がほとんどない。
晴れた空の下をそれと裏腹に期待と不安が入り混じる。

今回泊まるキャンプ場は以前友人ヒマワリの種とsaiさんと行った事がある所なので安心。
見栄切って出て来たのだからもう行くっきゃない!


地元の道を走っている観光バスの間をすり抜けるとき、中学生か高校生くらいの少年に挨拶されたが、そわそわしてて答えることに気が回らなかった。

声掛けてくれた少年よ、すまん!
m(_ _)m


甲府までは国道20号線をひたすら西へ進むルート。
最初の休憩は大垂水峠の手前のファミリーマートに入ることに。

さっとトイレを済ませて飲み物を買ってバイクに戻ると、すぐに出発。

休憩中


軽く渋滞気味の大垂水峠を越え、甲州街道をひた走る。
晴れ渡った空は気持ちのよどみをさっと払ってくれる。

次の休憩は笹子トンネルを抜けた所にある『道の駅甲斐大和』。

悠々と入る予定だったのだが

途中のトンネルを抜ける箇所でいきなり棒の様な大雨が降っているではありませんか…

いやぁ、びっくりです。

でも、トンネルを出るとそこはすぐ道の駅だから大惨事は回避。
(;-.-)=3ホッ

【14:00頃】
道の駅・甲斐大和到着。

レストランで雨が落ち着くまでラーメンライスを食して待つ事小一時間
少しおさまってきたので、レインコートを着て出発。

この後は買出しの為に甲府へ向かいます。



次へ続きます

ブログランキング・にほんブログ村へ←ランキング参加しています!よろしければワンクリックお願いします。

テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

予行演習(四尾連湖キャンプツーリング)初日②
【15:00】

国道20号線沿線ホームセンターで買出し。

燃料と炭と薪を調達しようとホームセンターくろがねやへGo!
レインコートを速攻で脱いで店内へ向かう。

そしたら、固形燃料と炭は見つかったものの肝心の薪がない。

探しても見当たらないので、店員さんに聞いてみると
「燃料や炭はありますけど、薪はおいてないですねぇ~」
とのこと。

とりあえず、ここで燃料と炭を購入。

薪がないと困るので、別のホームセンターへ行ってみた。

しかし、そこでも薪がない。
聞いてみるとさっきと同じ答えが…

しょうがないので、宿泊するキャンプ場に電話をしてみると「販売してますよ」との事。
用意してもらいました。

予約取るときに聞いときゃよかったわ…

ほっと一安心して今度は食料を買いにスーパーマーケットを探す。
しかし、なかなかそれらしき店がない…。

道の両サイドを確認しながら走り続け、温泉郷のある石和町へそこでキャンプ場へ向かう道が見えたが、スーパーはない。

時間がだいぶ経って焦りながらも、コンビニで一旦休憩
その後元来た道を走っていると一軒の業務用スーパーが見えた。

「一般のお客様大歓迎」という看板があったので速攻でそこへ入った。



買ったのは

・レトルトカレー(インド風カレー)
・サトウのご飯×2
・ベーコン(5枚入り×3枚セット)
・ロールパン(6本入り)
・ふかひれスープの素
・杏仁豆腐
・コーンフレーク
・シークワーサーのジュース

の8点。




ついでに、箸類が何も無かったので、コンビニでサラダを買って付いてきたものを使用することに。



【16:00過ぎ】

いざ四尾連湖へ!

直ぐに国道20号線を南下し、笛吹川(ふえふきがわ)を渡り、笛吹ラインをひたすら西へ、市川大門方面に走っていく。

川沿いの道は非常に速度帯が速い。
70キロで走っていても後ろから車に追い抜かれたりする。

途中で〔道の駅・とよとみ〕を見かけたが、5時にキャンプ場に行く約束だからそこはスルー。

しばらく走ると笛吹ラインから離れ、県道4号線へ。
細い道へ入っていきます。

そこから近くのガソリンスタンドで止まって現在位置の確認。
店のおばちゃんに道を尋ねると、そこは甲斐上野駅の直ぐ近くでした。

そこから、四尾連湖まではほぼ一本道。
時間にしてあと2、30分の距離との事。

ひたすら走るのみ!

そこから細い住宅街を走ると市川本町駅が見えてきました。
その直ぐ先にある踏切を渡り後は一本道でした。

ひたすら山道を走り、帯那トンネルを抜け、藤田峠を進んだ先に目的の四尾連湖のキャンプ場「水明荘」がある。

はずだったのだが

ついたところに見覚えがない。
たまたま近くにいたスーツのお兄さん方に聞いてみると「すぐ隣だよ」と教えてもらった。

【17:10】

水明荘着。ご主人と場所の打ち合わせ。
幸い俺のほかに誰もいなくて雨の予報も出てたので、屋根の付いている場所を使わせてもらうことになった。

そこから荷を解き、テント設営開始。
以前からキャンプには行っているので、テントの設営は大して苦戦せずに済んだ。
ここまでは順調順調♪

しかし、事件はその後に起きた


【17:30】

テントを立て、背伸びしてまったり♪

テント立ったぁ



テーブルの上の荷物を整理使用と思っていたら、腹が痛くなったので少し離れた所にあるトイレに駆け込む。

用を足してテントに向かって歩いていると、カラスがクリーム色の長いものをくちばしにくわえて飛び去っていった。

何だか嫌な予感が…

と、急いで荷物のところに戻ると荷物が散らかされており
パンの袋だけが地面にあった。

しかも、ご丁寧に穴を開けられた袋には6本入りのパンが3本だけ残っていた。

やられた…


ちくしょう、カラスめ~…



オレノエサカエセ~!!! ヾ(`皿´)ヾ


声にならない魂の叫びを上げ、荷物をまとめてテントにしまいます。


油断してました。
おかげで動物界の洗礼を受けました。
気をつけねば…


【~20:00】

ぶらぶらと湖畔の散歩に出る。

荷物をカラスにやられないようにしまい、日が暮れるまでまだ時間がありそうだったので、色々思いを馳せていました。

湖をぼんやり眺めながら…
「日本一周大丈夫かな、俺?」
しばし思い悩みました。

 【20:00】


暗くなってきたので、火をおこしはじめました。
食事の準備を始めます。

本格的にわびしいです。
あたりは真っ暗で、ランタンと焚き火の炎が照らす範囲しか見えません。

風向きで煙があっち行ったりこっち行ったり、がんがん目に入ってくる。
ちっとも悲しくはないが、目が痛くてえらく涙が出てきた。

夕食は“ベーコンを網で直焼きしたものを5枚”と、“インド風カレー”を“サトウのご飯”にかけ、その後“ふかひれスープの素”を熱湯で溶いて食べました。

462399101_102.jpg


簡単なものでも外に居るとウマイです。

そんな夕食もあっという間に終わりました。
一人だと食事も早いです…


 【21:00過ぎ】

食事が済むとしばらくぼんやり火を焚いていました。
薪がパチパチはじける音と時々魚が跳ねるボチャっという音。


周りは真っ暗。闇の世界。


燃えては消える火を眺め、薪をくべ、また火をおこしながら頭の中ではいろんな事がぐるぐる回っていた。

「俺、仕事決まるかな?ダンスでパートナー見つかるかな? 活躍できるかな?

どうすれば仕事でもダンスでも輝けるかな?何が俺に一番いい仕事なのかな?

ある人は仕事に就いて地道に稼いだ方がいいと言う。
またある人は起業して自分の資産をもって金持ちになった方がいいと言う。


何が正しのか、いくら考えても答えは出てこない。


そんなこんなしてる内に雨が降ってきた。
しかもザーザー降り。

雨音で火が燃える音が飲み込まれる。
寒いので火を消してテントに入りました。

寝袋に入ってからもずっと同じ事を考えていました。

キリが無いので途中本を読んでいました。
意外と眠れませんでした。

テント内をごろごろ転がっているうちに夜中の2時を回っていた。

しばらくするとまぶたが重たくなってきてそのまま意識が落ちていった。


次へ続きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ←ランキング参加しています!よろしければワンクリックお願いします。

テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク





現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。